So-net無料ブログ作成
検索選択

滋養強壮、疲労回復に良いとされて人参 [滋養強壮の体験談]

人参は、ウコギ科オタネニンジンを蒸して乾燥させたもので、『神農本草経』の上品に収載され、古来からもっとも珍重されている補薬です。その根が人の形に似ているため、その名がついたといわれています。人参は、気を補い、消化機能を高め、滋養強壮、疲労回復に良いとされています。

人参は古くから渡来していましたが江戸時代、八代将軍の吉宗が、清国から取り寄せた人参の種を日光山の村落で栽培させ、その後、御薬園で本格的に栽培されました。その種子を各藩に配り、栽培させたことから、御種人参と呼ばれるようになったそうです。

人参の味は甘く、温める作用の薬です。甘いものは一般に「補う」働きがあり、人参も補剤として利用されます。気を補い、血を益し、陰を滋し、津を生じ、虚証を治す要薬といわれています。神経反射能力の増強、性機能の増強、強心、血糖降下作用などがあり、抗疲労、強壮、強精、強心、食欲不振などに広く使用されています。

漢方処方では、オタネ人参の代わりに竹節人参(ちくせつにんじん)が使われることがあります。竹節人参とはトチバ人参の根茎であり、オタネ人参とは薬効も多少異なります。竹節人参は、オタネ人参に比べると温める作用は弱いため、炎症など有熱性の疾患には、こちらの竹節人参が用いられることがあります。

また人参は滋養強壮、疲労回復の効果以外にも、ガン、のぼせ、便秘に効果があると言われてます。食用となる人参の根の部分には、ガン予防に効果的とされるベータカロチンが豊富に含まれています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。